Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも

最近Googleが確認したキャンペーンでは、架空企業「SecuriElite」を偽装し、ウェブサイトを設置していた。「securielite[.]com」を含め、少なくとも13のドメインを所有していたという。

20210415_go_001.jpg
「Twitter」や「LinkedIn」で利用された偽アカウント(画像:Google)

さらに「Twitter」や「LinkedIn」では、企業アカウントにくわえて、同社関係者を装ったアカウントも展開。実在するセキュリティ企業へ転職したことを装うアカウントもあった。確認されたアカウントはいずれも閉鎖されている。

同グループは、「Twitter」や「LinkedIn」以外に、「Telegram」「Discord」「Keybase」といったコミュニケーションツールも活用していた。両社は攻撃で利用されたマルウェアのハッシュ値やIPアドレスなどIoC情報を公開している。

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)も、複雑なソーシャルエンジニアリングが用いられているとして注意を喚起。信頼できないコードやウェブサイトを調査する場合、分離されたサンドボックス環境を活用するよう求めている。

(Security NEXT - 2021/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
オリンパス、マルウェアによる通信を確認 - データ消失や流出の痕跡は見つからず
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
東京にデータセンターを開設、AWSを活用 - ソフォス
オープンなチャットを利用、個人情報が流出 - 埼玉県立特別支援学校
サイバー攻撃でシステム障害、詳細を調査 - 三立製菓
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス