Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も

マイクロソフトは、4月の月例セキュリティ更新を公開し、19件の「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性をはじめ、あわせて108件の脆弱性を修正した。一部で悪用も確認されている。

今回のアップデートでは、「Windows」や「Office」をはじめ、「Exchange Server」「Microsoft NTFS」「Microsoft Graphicsコンポーネント」「Microsoft Internet Messaging API」の脆弱性に対応した。「Visual Studio」「Visual Studio Code」や「Azure AD」「Azure DevOps」「Azure Sphere」に関する脆弱性なども修正している。

CVEベースで見ると、あわせて108件の脆弱性に対応しており、最大重要度を見ると、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は19件。さらに重要度が1段階低い「重要(Important)」とされる脆弱性88件や、「中(Moderate)」とされる脆弱性1件を修正している。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」におけるベーススコアを見ると、「7.0」以上の脆弱性は80件。このうち3件については、「9.0」以上とレーティングされている。

脆弱性によって影響は異なるが、56件についてはリモートよりコードを実行されるおそれがある。権限昇格の脆弱性19件や情報漏洩の脆弱性17件、サービス拒否の脆弱性9件、セキュリティのバイパス5件、なりすましの脆弱性2件などを修正した。

(Security NEXT - 2021/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応