Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加

金融庁のまとめによると、2020年のオンラインバンキングによる不正送金被害は1512件となり、被害額は約16億2900万円だった。個人において大幅に被害が縮小する一方、法人では増加している。

同年の不正送金被害は1512件。前年の1770件から14.6%減となった。被害額ベースで見ると約16億2900万円で、前年の約27億3700万円から40.5%減と大幅に改善している。特に個人における被害が約27億700万円から約14億4800万円へと減少したことが影響した。

一方、2020年の法人における被害は38件。被害額は約1億8000万円だった。前年の12件、約2900万円から大きく増加している。

主要行における被害が24件を占める一方、被害額は約3300万円にとどまっている。地方銀行では被害件数が6件、被害額が約700万円だった。

一方、信用金庫などでは、被害が8件なのに対し、被害額が約1億3900万円にのぼっている。第二地銀による被害の報告はなかった。

(Security NEXT - 2021/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

9月のフィッシングサイト、銀行関連が急増 - クレカ系は割合減
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
2022年2Qの不正送金、前四半期比約1.9倍 - 補償率が6割台前半に
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
不正送金マルウェアの検知数が大きく減少
2021年のサイバー犯罪検挙数は1万2275件 - 前年比25%増
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
2021年3Qのネットバンク不正送金件数、前四半期の3倍超に
2021年2Qの不正送金 - 件数大幅減となるも被害額は微増