Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINE WORKSで複数顧客参加のトークルームを誤作成、削除できず - 富士薬品

富士薬品は、企業向けサービス「LINE WORKS」において誤操作があり、関係ない複数顧客が参加するトークルームを作成し、ニックネームなど顧客情報が相互に閲覧できる状態となったことを明らかにした。

同社によれば、ワークスモバイルジャパンがビジネス版LINEとして提供する「LINE WORKS」を試験的に導入し、利用しているが、3月23日にトークルームの作成操作でミスが発生したもの。

仙台泉営業所の従業員が友だち登録している配置薬の契約者に対し、あたらしい担当者を紹介するため、顧客ごとのトークルームを設置しようとしたところ、誤って顧客160人を対象とするトークルームを作成してしまったという。

これにより、顧客がLINEに登録しているニックネームやアイコン、公開範囲を「全体公開」として設定されたLINEタイムラインへの投稿が、トークルーム内の顧客間で相互に閲覧できる状態となった。トークルーム内での投稿などは行われていない。

同社では、ワークスモバイルジャパンにトークルームの削除方法を問い合わせたが、削除する方法は提供されておらず、対象となるすべての顧客に対して、電話で個別に連絡を取って事情を説明し、トークルームから退出するよう案内した。

3月23日の時点でトークルームには62人が残っており、以降は情報が更新されていないことから、同社ではワークスモバイルジャパンに状況の確認を行っている。同社は顧客に対しては、書面を通じても経緯の説明や謝罪を行う予定。

(Security NEXT - 2021/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

試写会の応募申込フォームに不備 - 神戸の商業施設
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
市制施行70周年記念式典の申込フォームで設定ミス - 駒ヶ根市
高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市