Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

講演会申込者情報を誤掲載、個人情報入りデータでテスト- 大阪府

大阪府立狭山池博物館において、講演会の申込者の個人情報含むデータを、同博物館のウェブサイトで誤って公開するミスがあった。

大阪府によれば、同博物館開館20周年安藤忠雄記念講演会の申込者963人分の個人情報を、同博物館のウェブサイトに誤って掲載したもの。氏名、住所、電話番号、年齢、メールアドレスなどが含まれる。

当選結果の公開準備にあたり、本来必要ない個人情報が含まれるデータを使用して3月12日に職員が更新作業を行い、閲覧テストを行っていたところ、操作ミスに気づかず誤ってファイルを公開してしまったという。

翌13日に別の職員が個人情報が公開されていることに気がつき、問題のページについて公開を中止した。期間中、同ページには65件のアクセスがあったが、問題のデータがダウンロードされたかは把握できていない。

同府では、対象となる申込者に対し、電話で謝罪するとともに、電話で連絡が取れない場合はメールや郵送で謝罪文を送付している。

閲覧テストは、ひとりで作業を行っており、作業マニュアルなど用意されていなかった。今後は更新作業のマニュアルを用意し、操作手順や掲載データについて複数人で確認を行い、再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2021/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
アンケート調査回答の集計前データを誤って外部提供 - 公取委
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
マクロ実行の操作ミスでメール誤送信 - システム開発会社
LINE WORKSで複数顧客参加のトークルームを誤作成、削除できず - 富士薬品
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も