Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も

クレジットカードの利用者を狙ったフィッシング攻撃が相次いで発生している。複数ブランドで確認されており、対象となるブランドがさらに拡大するおそれがある。なかには、単純な通知を偽装し、あえてリンクへのアクセスを促さない「さりげない」ケースもあり、注意が必要だ。

20210319_ap_001.jpg
JCBを装ったフィッシング攻撃。署名に見せかけた部分にフィッシングサイトのURLが仕込まれている(画像:フィ対協)

フィッシング対策協議会によれば、「TS CUBIC CARD」や「ライフカード」「JCB」などのブランドを装う攻撃が、3月17日以降、相次いで報告されているという。

いずれも、従来より確認されているクレジットカードの利用確認を促す手口が用いられており、「本人の利用であるか確認した取引がある」などと説明。「対応しないと利用制限を継続する」などとして不安を煽っていた。

さらにJCBのウェブサービス「MyJCB」を装う攻撃では、「クレジットカード暗証番号の照会が行なわれた」などと通知を装うケースが確認されている。

メール本文の内容は1文のみでURLへのアクセスなど促す記載はないが、虚偽の通知によって受信者の不安を煽り、下部にある定形の署名文に見せかけた問い合わせ先のURLよりフィッシングサイトへ誘導していた。

いずれも稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生
「JR西日本」装うフィッシングの報告が増加 - JR東日本「えきねっと」告知文を悪用
「PayPay銀行」を装うフィッシング - 「個人情報の有効期限切れ」などとだます手口
「Amazonプライムデー」に便乗、フィッシング攻撃増加 - 関連ドメイン取得の動きも
「セゾンNetアンサー」を装うフィッシング攻撃の報告が増加
書き溜めたメモが消える!? - 「自動退会処理」とだます「Evernote」のフィッシングに注意
「さくらのクラウド」利用者狙ったフィッシングに注意 - 電話認証なども詐取
ヤマト運輸を装うメールやなりすましサイトに注意を
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応