Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Salesforce」で設定不備、外部アクセスにより情報が流出 - JICA

国際協力機構(JICA)が運営する国際キャリア総合情報サイト「PARTNER」で利用しているクラウドシステムに対して第三者によるアクセスがあり、個人情報が閲覧されていたことがわかった。

同機構によれば、同サイトで利用するセールスフォース・ドットコムのクラウドシステム「Salesforce」においてアクセス権限の設定に不備があり、外部より内部のデータにアクセスできる状態となっていたもの。

2021年1月に外部より指摘があり、他組織においてもクラウドシステムの不備が複数判明していることを受け、調査を行ったところ、1月7日に不備があることがわかった。

調査を行ったところ、2020年12月24日に外部よりアクセスがあり、8418件のデータが参照されていたことが判明。氏名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、所属先および勤務経験に関する事項、登録の目的、希望勤務地などが含まれる。

同機構では、判明後に外部からアクセスできないようシステムの設定を変更。2月9日に抜本的な対策を講じたという。対象となる個人や登録団体に対しては、メールで報告を行っている。

(Security NEXT - 2021/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

研修支援サービスで外部より個人情報へアクセス可能に - リスモン
中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム
クラウド利用機器にサイバー攻撃、脆弱性公表から3日後に - 富士通
クラウドサーバで個人情報流出の可能性 - 京都駅ビル
健康相談サービスでアップ画像が外部から閲覧可能 - 外部指摘受け修正
ランサム被害、個人情報約2万件が流出 - コンサル会社
セミナー応募者のメアド流出、2度目の指摘で気づく - ランサーズ
元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック