Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

寄付者の個人情報に外部アクセス - 朝日新聞厚生文化事業団

社会福祉法人である朝日新聞厚生文化事業団は、クラウドで管理していた一部寄付者の情報が外部の第三者によりアクセスされたことを明らかにした。

同法人によれば、寄付の受け付けに利用していたクラウド上の顧客管理システムが外部よりアクセスできる状態となっていたことが1月に判明したもの。

調査を行ったところ、寄付者4人に関する氏名、住所、電話番号、メールアドレス、支援金額、入金日、入金方法などの情報が第三者によって閲覧されたことがわかった。

同法人ではシステムを修正、対象となる寄付者に対して説明と謝罪を行った。本誌では同法人に対象となったシステムや問題が判明した経緯、原因について取材を求めたが、「回答は差し控える」としてコメントは得られなかった。

(Security NEXT - 2021/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学
生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島大付属福山中高
「看板商品創出事業」で情報流出、アクセス権限の設定漏れで - 観光庁
SQLi攻撃で顧客情報流出、顧客に脅迫メールも - アパレルブランド
クラファンで別人に商品や通知メールを配送
保健所職員が個人情報を私用端末に、同期クラウドが乗っ取り被害 - 大阪市
入学選抜情報をクラウド上に保存、複数生徒がアクセス - 都立高校
研修支援サービスで外部より個人情報へアクセス可能に - リスモン
中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる