Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

寄付者の個人情報に外部アクセス - 朝日新聞厚生文化事業団

社会福祉法人である朝日新聞厚生文化事業団は、クラウドで管理していた一部寄付者の情報が外部の第三者によりアクセスされたことを明らかにした。

同法人によれば、寄付の受け付けに利用していたクラウド上の顧客管理システムが外部よりアクセスできる状態となっていたことが1月に判明したもの。

調査を行ったところ、寄付者4人に関する氏名、住所、電話番号、メールアドレス、支援金額、入金日、入金方法などの情報が第三者によって閲覧されたことがわかった。

同法人ではシステムを修正、対象となる寄付者に対して説明と謝罪を行った。本誌では同法人に対象となったシステムや問題が判明した経緯、原因について取材を求めたが、「回答は差し控える」としてコメントは得られなかった。

(Security NEXT - 2021/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

研修支援サービスで外部より個人情報へアクセス可能に - リスモン
中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム
クラウド利用機器にサイバー攻撃、脆弱性公表から3日後に - 富士通
クラウドサーバで個人情報流出の可能性 - 京都駅ビル
健康相談サービスでアップ画像が外部から閲覧可能 - 外部指摘受け修正
ランサム被害、個人情報約2万件が流出 - コンサル会社
セミナー応募者のメアド流出、2度目の指摘で気づく - ランサーズ
元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック