Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル取り違え、ワクチン接種予定者リストを誤送信 - 埼玉県

埼玉県は、新型コロナウイルスワクチン説明会の参加申込者に対して文書様式のファイルを送信した際、誤ってワクチン接種予定者の個人情報含むリストを送信したことを明らかにした。

同県によれば、3月1日、2日にワクチン説明会へ参加申込を行った医療機関、郡市医師会、市町村のメールアドレス232件に対し、ワクチン接種予定者のリストを誤って送信したもの。113医療機関に所属する医療従事者1000人に関する氏名、住所、性別、生年月日、勤務先などが記載されていた。

ワクチン接種対象者のリスト作成にあたり、文書様式となるファイルを同県ウェブサイトのダウンロードを通じて提供していたが、ウェブサイトの切り替え時期と重なり、ウェブサイトよりダウンロードできない状況となったことから、様式を必要とする自治体や関連機関にメールで送付したところ、誤ってワクチン接種予定者のリストを送信してしまったという。

同県では、対象となる医療従事者に対し、謝罪の書面を送付するとしている。

(Security NEXT - 2021/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協
セミナー案内メールを2度にわたり誤送信 - 東京都
オープンキャンパス参加者へメールを誤送信 - 福山市立大
食品表示制度改正説明会の案内メールで誤送信、メアドが流出 - 消費者庁
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
メール誤送信でセミナー受講者のメアド流出 - 日本放射線技術学会
注文確認メール誤送信で購入者のメアド流出 - ゲーム日本酒コラボ企画
提出パブコメが外部流出、提出先MLに業務委託先 - 総務省
物件案内メールで顧客のメアド流出 - 飯田グループ会社
元会員向けのメールで誤送信 - 神奈中スポーツデザイン