Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee

freeeにおいて、外部クラウドサービスを用いた複数問い合わせフォームに設定の不備が見つかった問題で、同社は情報流出はなかったとする調査結果を発表した。

セールスフォース・ドットコムの「Salesforce」を用いて設置していたアカウント再設定の申請フォームや、料金の問い合わせフォーム、人材募集のフォームにおいて、設定の不備により入力された内容が外部よりアクセスできる状態となっていたもの。

2月8日に外部専門家より指摘があり、同社では問題を確認。設定を修正し、事態を公表するとともに、アクセスログの解析など調査を進めていた。

同社は調査の結果、情報流出は確認されなかったとし、顧客への影響はなかったと結論付けた。今後は社外クラウドサービスを含め、あらゆるシステムにおいて一層のセキュリティ強化に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2021/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる
畜産生産者支援サイトで個人情報が流出 - キャッシュ機能追加に起因
訪日外国人向けアンケートの回答内容が閲覧可能に - 中部国際空港
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
freee、「Salesforce」利用の複数フォームに設定不備 - 他社事例と異なる部分
問合フォームに不備、第三者が個人情報にアクセス - イオン
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘