Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee

freeeにおいて、外部クラウドサービスを用いた複数問い合わせフォームに設定の不備が見つかった問題で、同社は情報流出はなかったとする調査結果を発表した。

セールスフォース・ドットコムの「Salesforce」を用いて設置していたアカウント再設定の申請フォームや、料金の問い合わせフォーム、人材募集のフォームにおいて、設定の不備により入力された内容が外部よりアクセスできる状態となっていたもの。

2月8日に外部専門家より指摘があり、同社では問題を確認。設定を修正し、事態を公表するとともに、アクセスログの解析など調査を進めていた。

同社は調査の結果、情報流出は確認されなかったとし、顧客への影響はなかったと結論付けた。今後は社外クラウドサービスを含め、あらゆるシステムにおいて一層のセキュリティ強化に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2021/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

申込フォームで設定ミス、入力内容が閲覧可能に - シェアリングエコノミー協会
スニーカー通販サイト、顧客情報流出の可能性 - リニューアル前の被害が判明
高校で学校説明会の申込者情報が閲覧可能に - 宮城県
イベント応募者情報を誤送信、フォーム設定が未更新で - 東京都建設局
離婚講座の申込者情報が本人以外から閲覧可能に、設定ミスで - 目黒区
「起業家育成事業」に申し込んだ中学生生徒の個人情報が閲覧可能に - 名古屋市
説明会申込フォーム、他者情報が閲覧できる状態に - 大阪産業局
個人情報含む議事録をサイトで誤公開 - ファンコミュニティ運営会社
退職予定者の氏名が流出、Googleフォーム設定ミスで - 鳥取県
野球教室応募者の個人情報が閲覧可能に - ホークスのNPO法人