Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社

テレビショッピング番組の制作を行っている関西テレビハッズは、同社通信販売サイトが不正アクセスを受けたことを明らかにした。

同社によれば、通販サイト「カンテレショッピング」が脆弱性を突く不正アクセスを受けたもの。顧客の氏名とメールアドレス1万9297件が外部より閲覧された可能性があるという。

同社の問い合わせ窓口に対して、1月8日から2月9日にかけて大量のメールが断続的に届き、2月だけでも10万件以上に及んだことから調査を行ったところ、不正アクセスを受けていたことが判明した。メールとの関連性はわかっていない。

氏名とメールアドレスは閲覧されたおそれがあるが、ログにおいて他個人情報を含め、データを抜き出すためのコマンドが実行された形跡などは見つからなかったとしている。

同社では不正アクセスの判明後、不正アクセス元からの通信を遮断。プログラムやシステムの改修を実施した。対象となる顧客に対しては、個別に連絡を取っている。

(Security NEXT - 2021/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
問合システムにブラインドSQLi攻撃、メアド流出の可能性 - 名古屋大
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
スニーカーフリマアプリで個人情報275万件が流出か
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
ワイシャツのオーダーサイトで個人情報流出の可能性 - 店舗顧客にも影響
「スイーツパラダイス」の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
印刷通販サイトの情報流出 - 外部調査であらたな対象者が判明