Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版

セキュアヴェイルは、セキュリティ運用ソフトウェア「LogStare Collector」の新版を提供開始した。

同製品は、同社子会社LogStareが開発するセキュリティ運用ソフト。ファイアウォールなどのネットワーク機器やサーバなどのITインフラの可視化、障害監視、ログ分析などの機能を提供する。

新版となる「同2.1」では、メトリクス監視機能を強化し、「OAuth2.0」認証に対応。APIを用いた「Microsoft 365」「Microsoft Azure」へアクセスしてサーバやアプリケーションの稼働や性能、ログの監視に対応した。

価格は29万8000円から(税別)。従来製品からは無料でバージョンアップできる。

(Security NEXT - 2021/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
サーバに不正アクセス、影響の範囲など調査 - 日環センター
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド