Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版

セキュアヴェイルは、セキュリティ運用ソフトウェア「LogStare Collector」の新版を提供開始した。

同製品は、同社子会社LogStareが開発するセキュリティ運用ソフト。ファイアウォールなどのネットワーク機器やサーバなどのITインフラの可視化、障害監視、ログ分析などの機能を提供する。

新版となる「同2.1」では、メトリクス監視機能を強化し、「OAuth2.0」認証に対応。APIを用いた「Microsoft 365」「Microsoft Azure」へアクセスしてサーバやアプリケーションの稼働や性能、ログの監視に対応した。

価格は29万8000円から(税別)。従来製品からは無料でバージョンアップできる。

(Security NEXT - 2021/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「EC-CUBE 3.0」向け複数プラグインに脆弱性 - 一部はすでに悪用も
シニア弁当宅配サービスで個人情報を紛失 - 自治体からの受託分も
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
Apple、「iOS 12.5.4」をリリース - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
健康食品通販サイトでクレカ情報が流出 - 不正利用の可能性
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
職員が不正ログイン被害、なりすましメールが送信 - 国立環境研究所
WordPress向けカートプラグインにXSSの脆弱性