Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入

しかし年明け後の1月20日、サービスを利用する一部自治体に対し、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)から意図せず外部より情報が参照される可能性があるとの指摘があり、再度問題ないと判断するも、1月27日に再度NISCより設定の確認して見直しを行うよう連絡があり問題が判明した。

同月29日から2月1日にかけて設定の変更を実施。2月2日に修正を終え、各自治体に対しては2月8日に通知。各自治体からは個別にアナウンスが行なわれている。

同社は、外部からの参照設定について認識に誤りがあり、権限設定に問題があったと説明。アクセス状況の調査のほか、詳しい経緯などの調査を進めている。

(Security NEXT - 2021/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
神戸市の情報サービスが外部より閲覧可能に - 設定不備で
freee、「Salesforce」利用の複数フォームに設定不備 - 他社事例と異なる部分
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
薬物乱用防止啓発事業で個人情報が流出、設定ミスで - 香川県
相談窓口の顧客情報に外部アクセス、設定不備で - バンダイ