Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP

アドバンテッジリスクマネジメント、東京海上日動メディカルサービス、ネオスが提供している従業員支援サービス「アドバンテッジEAP」において、問い合わせフォームの入力内容が外部から閲覧できる状態だったことがわかった。

アドバンテッジリスクマネジメントによれば、2018年4月10日から2021年1月26日にかけて、同サービスの問い合わせフォームに入力された情報のログデータが、特定のURLを入力することで外部から閲覧可能な状態だった。

1万2019人より寄せられた1万4384件の問い合わせ内容が記録されており、氏名、生年月日、所属企業名、メールアドレス、問い合わせ内容のほか、一部は電話番号も含まれる。

同サービスのシステム管理を担当するネオスが、1月26日にシステムの保守作業を行った際に不備を認識し、対象となるデータを外部から閲覧できない場所へ移動した。

2018年4月10日に問い合わせフォームをリリースした際、同機能の動作確認などのために設定したログの出力先を、担当者の設定ミスにより、外部から閲覧できる場所に指定したことが原因だという。

(Security NEXT - 2021/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マスコミ宛てメールで誤送信、メアドが流出 - 東京都公園協会
大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
フォームで他者情報が閲覧可能に、設定流用で繰り返し発生 - 早稲田大
小学校で通知表データ含むUSBメモリを紛失 - 見附市
犬飼育者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 朝日町
イベント案内メールで誤送信、メアド流出 - 福知山大北近畿機構
交付前のマイナンバーカード2件が所在不明に - 四條畷市
案内メールを「CC」送信でメアド流出 - 朝日新聞
フォーム設定ミスでイベント応募者の個人情報が流出 - 佐賀県