Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP

アドバンテッジリスクマネジメント、東京海上日動メディカルサービス、ネオスが提供している従業員支援サービス「アドバンテッジEAP」において、問い合わせフォームの入力内容が外部から閲覧できる状態だったことがわかった。

アドバンテッジリスクマネジメントによれば、2018年4月10日から2021年1月26日にかけて、同サービスの問い合わせフォームに入力された情報のログデータが、特定のURLを入力することで外部から閲覧可能な状態だった。

1万2019人より寄せられた1万4384件の問い合わせ内容が記録されており、氏名、生年月日、所属企業名、メールアドレス、問い合わせ内容のほか、一部は電話番号も含まれる。

同サービスのシステム管理を担当するネオスが、1月26日にシステムの保守作業を行った際に不備を認識し、対象となるデータを外部から閲覧できない場所へ移動した。

2018年4月10日に問い合わせフォームをリリースした際、同機能の動作確認などのために設定したログの出力先を、担当者の設定ミスにより、外部から閲覧できる場所に指定したことが原因だという。

(Security NEXT - 2021/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
クラウド顧客管理システムに設定不備、調査で判明 - ホーユー
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
神戸市の情報サービスが外部より閲覧可能に - 設定不備で
freee、「Salesforce」利用の複数フォームに設定不備 - 他社事例と異なる部分