Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外ゲームメーカーでランサム被害 - 人気タイトルのソースコード流出か

「Witcherシリーズ」や「Cyberpunk 2077」などのゲームを開発するCD PROJEKT REDは、サイバー攻撃を受けてデータを窃取され、一部データが暗号化されたことを明らかにした。

同社によると、CD PROJEKT Capital Groupの関連データが窃取されたほか、ネットワーク内の一部機器に含まれるデータを暗号化される被害に遭ったという。

攻撃者が残した脅迫文では、「Cyberpunk 2077」や未リリースバージョンも含めた「Witcher3」のソースコードのほか、会計や管理者情報、契約書、人事情報、投資家情報などを取得したと主張。

要求に応じないと第三者に売却したり、オンライン上に公開するとし、表沙汰になると投資家の信用を失って株価の低下を招くなどとして48時間以内に接触するよう求めていた。

同社は、身代金の要求や交渉に一切応じることはないと強調。バックアップデータは無事で同社は復旧を進めるとともに、フォレンジック調査を行っている。また窃取されたデータに、同社製品のユーザーに関する個人データは含まれていないとしている。

(Security NEXT - 2021/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
委託先に不正アクセス、個人情報800万件流出か - NTTぷらら
サーバや端末など25台でランサム被害 - 摂津金属工業
川崎汽船の海外子会社に不正アクセスか - 闇サイトにデータ
医療システムに不正アクセス、撮影画像が閲覧不能に - 市立東大阪医療センター
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
不正アクセスでサーバがランサム被害 - イトーヨーギョー
ランサム感染判明前日に外部RDP接続 - 岡野バルブ製造が調査報告
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル