Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Shiro」に認証バイパスの脆弱性 - アップデートが公開

セキュリティフレームワーク「Apache Shiro」に認証を回避される深刻な脆弱性が判明した。アップデートが提供されている。

「同1.7.0」および以前のバージョンを「Spring」とともに利用した場合、細工したHTTPリクエストによって認証をバイパスされるおそれがある脆弱性「CVE-2020-17523」が明らかとなったもの。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」とレーティングされている。

開発チームは、同脆弱性やバグに対処した「同1.7.1」をリリースしている。

(Security NEXT - 2021/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も