Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

薬物乱用防止啓発事業で個人情報が流出、設定ミスで - 香川県

香川県は、薬物の乱用を防止する啓発事業において、関連サイトより個人情報が閲覧できる状態となっていたことを明らかにした。

同県によれば、同事業のウェブサイト「NO!DRUG薬物断絶物語」より「薬物を断る一言」を募集していたが、1月19日から31日にかけて応募者28人分の氏名、住所が、関係ない別の応募者より閲覧できる状態となっていたもの。

同サイトを運営する委託先が設定を誤り、管理者向けのページが外部より閲覧可能となっていた。1月31日に応募者から同県に対して指摘があり問題が発覚、対策を講じた。

同県では対象となる応募者に対し、謝罪の書面を郵送する。委託先には報告書の提出を求め、再発防止策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2021/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省
公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
建築物調査書類が所在不明、申請による閲覧後に - 東京都
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
アンケート調査回答の集計前データを誤って外部提供 - 公取委
マクロ実行の操作ミスでメール誤送信 - システム開発会社