Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

薬物乱用防止啓発事業で個人情報が流出、設定ミスで - 香川県

香川県は、薬物の乱用を防止する啓発事業において、関連サイトより個人情報が閲覧できる状態となっていたことを明らかにした。

同県によれば、同事業のウェブサイト「NO!DRUG薬物断絶物語」より「薬物を断る一言」を募集していたが、1月19日から31日にかけて応募者28人分の氏名、住所が、関係ない別の応募者より閲覧できる状態となっていたもの。

同サイトを運営する委託先が設定を誤り、管理者向けのページが外部より閲覧可能となっていた。1月31日に応募者から同県に対して指摘があり問題が発覚、対策を講じた。

同県では対象となる応募者に対し、謝罪の書面を郵送する。委託先には報告書の提出を求め、再発防止策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2021/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケート回答が閲覧可能に - セラピスト向けセミナーサービス
LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
公開講座申込者のメールアドレスが流出 - 福井県立大
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 国立音大
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
「ワクチン接種予約システム」の脆弱性、個人情報500件閲覧の可能性
公表資料で個人情報の黒塗り加工に不備 - 岐阜大
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ