Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

薬物乱用防止啓発事業で個人情報が流出、設定ミスで - 香川県

香川県は、薬物の乱用を防止する啓発事業において、関連サイトより個人情報が閲覧できる状態となっていたことを明らかにした。

同県によれば、同事業のウェブサイト「NO!DRUG薬物断絶物語」より「薬物を断る一言」を募集していたが、1月19日から31日にかけて応募者28人分の氏名、住所が、関係ない別の応募者より閲覧できる状態となっていたもの。

同サイトを運営する委託先が設定を誤り、管理者向けのページが外部より閲覧可能となっていた。1月31日に応募者から同県に対して指摘があり問題が発覚、対策を講じた。

同県では対象となる応募者に対し、謝罪の書面を郵送する。委託先には報告書の提出を求め、再発防止策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2021/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
大阪府立高の緊急連絡受信メール、生徒からも閲覧可能に - 設定ミスで
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
委託先が研修案内メールを誤送信、メアド流出 - 鳥取県
東京武道館の予約案内メールを「CC」送信 - 東京都スポーツ文化事業団
一部商品購入者のメールアドレスが流出 - チーズケーキ専門店
児童館閉館知らせるメールで誤送信 - 来館対応重なり複数確認できず
教師養成講座受講予定者のメールアドレスが流出 - 大阪市
新型コロナ対応融資を行う金融機関宛てのメールで誤送信 - 山口県