Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マスクの価格訂正メールで誤送信 - 白十字

衛生薬品メーカーの白十字は、群馬県民向けマスク販売において、価格を訂正するメールを送信した際にミスがあり、メールアドレスが流出したことを公表した。

同社によれば、群馬県民向けマスク販売において、マスクの価格訂正を案内するメールを2月2日に送信した際、誤って送信先のメールアドレスが表示された状態で送信したもの。2月1日に注文した235人のメールアドレスが含まれる。

同社では対象となる顧客に、誤送信したメールの削除を依頼した。また謝罪の書面を送付するとしている。

(Security NEXT - 2021/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
保護者連絡先を不正利用、幼稚園元職員を懲戒処分 - 大阪市
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 国立音大
国交省のシステム情報やメアド7.6万件が流出 - 委託先の富士通から報告
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大
化粧品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性