Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マスクの価格訂正メールで誤送信 - 白十字

衛生薬品メーカーの白十字は、群馬県民向けマスク販売において、価格を訂正するメールを送信した際にミスがあり、メールアドレスが流出したことを公表した。

同社によれば、群馬県民向けマスク販売において、マスクの価格訂正を案内するメールを2月2日に送信した際、誤って送信先のメールアドレスが表示された状態で送信したもの。2月1日に注文した235人のメールアドレスが含まれる。

同社では対象となる顧客に、誤送信したメールの削除を依頼した。また謝罪の書面を送付するとしている。

(Security NEXT - 2021/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生徒や教員の情報含むPCが盗難、HDDは暗号化済み - 広島大付属中
「一斉送信機能」がメール誤送信の原因に - 諏訪市
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
複数職員が個人メアドに資料送付、スペルミスで第三者へ - 新潟県
取引先情報が登録されたスマホをタクシーで紛失 - i-Plug
Twitterが乗っ取り被害、DM履歴に顧客情報 - ホビー製作販売会社
顧客向けのメールで誤送信、メアドが流出 - フタバ図書
デジタル庁でメール誤送信、報道関係者のメアドが受信者間に流出
通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市
新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー