Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバーセキュリティ月間がスタート - 関連イベントはオンライン中心

サイバーセキュリティ月間が2月1日よりスタートした。2021年はオンラインを中心に多数の関連イベントが予定されている。

政府では、サイバーセキュリティ基本法に基づき、毎年2月1日から3月18日(サイバー)までを「サイバーセキュリティ月間」と定め、啓発活動を展開している。

同月間のスタートにあたり、加藤勝信内閣官房長官はメッセージを寄せ、新型コロナウイルス感染症の対応において、テレワークの推進など、サイバー空間の活用やデジタル化が一層重要になっていると指摘。

一方で脅威の事例も引き続き発生しており、デジタル化の推進にはサイバーセキュリティの確保が不可欠であるとして、意識の向上や理解を深める重要さを訴えた。

NISCでは、同月間中に開催を予定している関連行事の情報を掲載。新型コロナ感染症の影響で2020年はオンラインを中心に多数のイベントが予定されている。普段参加が難しい遠方地域のイベントなども気軽に参加できるチャンスだ。

(Security NEXT - 2021/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定
政府、「サイバーセキュリティ月間」の関連行事を募集
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
約7割、緊急時のテレワークに賛成 - 環境用意できないとの声も
新型コロナ影響で特別イベントの開催を中止 - NISC