Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に

聖マリアンナ医科大学病院は、看護師7人が業務連絡のためクラウドサービスを個人的に利用し、閲覧権限の設定ミスで患者情報などが外部より閲覧できる状態となっていたと発表した。

同院によれば、2019年11月3日に救命救急センターの所属看護師が個人的にGoogleグループを開設し、申し送りといった看護業務の効率化のため、これまで看護師7人がメール機能を業務連絡に利用していたもの。

同グループは、閲覧権限がウェブ上のすべてのユーザーに公開される設定になっており、2020年12月20日に外部から同大へメールで指摘が寄せられ、問題が判明した。

同グループ上でやり取りされたメール278件が閲覧できる状態となっており、同院で調査したところ、患者5人に関して姓や断片的な情報が流出した可能性があるという。

あわせてメールには同院が一部診療科に導入しているAI問診アプリのシステムへアクセスするためのURL、パスワード、QRコードなども含まれており、これらを用いて外部よりテストのために作成していた架空の模擬患者の症例へアクセスされた形跡も確認されたという。

(Security NEXT - 2021/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
クラウド顧客管理システムに設定不備、調査で判明 - ホーユー
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
神戸市の情報サービスが外部より閲覧可能に - 設定不備で