Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

就職氷河期世代のeスポーツ愛好家向けにセキュ人材研修 - 群馬県

群馬県は、就職氷河期世代を対象にセキュリティ分野における就労を支援するため、無償で研修を提供する。eスポーツ愛好家に向けて開催するとしており、セキュリティ分野の経験を問わず参加者を募集している。

今回の企画は「eスポーツ好き集まれ!ゼロから始めるセキュリティエンジニアへの道」と題し、就職が特に困難な時期に卒業した就職氷河期世代を対象に研修を提供するもの。「eスポーツ」を通じて培った知識やスキルをサイバーセキュリティ分野につなげて、就労に生かすことを目的としている。

研修はデジタルハーツが担当。研修は全3回を予定しており、2月20日よりオンラインや集合形式で実施する。eスポーツのプロプレイヤーやセキュリティエンジニアが登壇し、業界環境や業務に必要な知識、スキルを紹介する。

集合研修では、サイバーセキュリティの実際の仕事に必要なスキルを実践形式で学習するほか、サイバーセキュリティ人材となるための道筋を紹介する。

対象は、おおむね34歳から49歳までの群馬県在住者で経験や学歴は不問。定員は先着20名で参加費は無料。申し込みは2月15日まで。ぐんま電子申請受付システムより申し込みを受け付ける。

(Security NEXT - 2021/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
セキュ業務のムダモレを評価、全体最適化を支援するサービス
防衛省、人材発掘を目的としたCTFコンテストを実施
産官学が連携、セキュリティ人材の育成を推進
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の策定に向け意見募集 - 総務省