Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意

トレンドマイクロのセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター」のメインテナンスを通知するユーザー向けメールに見せかけたフィッシング攻撃が確認された。

20210126_tm_001.jpg
フィッシングメールの文面(画像:トレンドマイクロ)

「ウイルスバスター」の月額版でサーバの定期メインテナンスを実施し、サービスを停止するなどと同社のアナウンスに見せかけたフィッシングメールが確認されたもの。フィッシングメールでは、サポートページのURLに見せかけて偽サイトへのリンクを記載していた。

フィッシングメールの文面は、過去に同社が配信したメールと一部似た部分があり、それらを模倣して作成されたものと見られる。今回確認されたケースでは、メインテナンスの実施日を「1月25日金曜日」としており、曜日の記載を誤っていた。

誘導先として2件のフィッシングサイトが確認されており、ユーザー名やパスワードを詐取しようとしていた。トレンドマイクロの観測状況によれば、1月25日に日本国内に対して、少なくとも55件のフィッシングメールが送信されたという。

同社は、正規の通知に見せかけてフィッシング攻撃が行われる場合もあるとし、ログインや情報の入力を促すメールへ対応する場合は、メールのリンクからアクセスせず、公式サイトや公式アプリから情報を確認するよう求めた。

誤って偽サイトへパスワードなどを入力してしまった場合は、公式サイトからパスワードを変更するよう呼びかけるとともに、パスワードの使い回しも避けるようあわせて注意を喚起している。

(Security NEXT - 2021/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を