Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ

カゴメは、「僕のヒーローベジタブル」のキャンペーンサイトにおいて、入力した個人情報が別の顧客から閲覧できる状態だったことを明らかにした。

同社では1月18日にキャンペーンを開始したが、同日9時半から11時半過ぎにかけて、LINEによるソーシャルログインで新規に申し込みを行い、送付先情報を入力した3人分の氏名、住所、電話番号が、あとからログインした関係ない顧客42人から閲覧できる状態となっていたもの。

システムの設定に問題があり、LINEやメールアドレスが登録されていないTwitterのアカウントでソーシャルログインを行い、キャンペーンへ新規に登録すると、同一のアカウントとして管理される状態となっていた。同社は対象となる3人に対し、電話で事情の説明や謝罪を行っている。

同社では、ソーシャルログインを同日11時34分に停止。システムの改修を進めているが、復旧の目処は立っていない。新規にメールアドレスやパスワードを登録する場合は影響なく、現在もキャンペーンの応募を受け付けているという。

(Security NEXT - 2021/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 東京サマーランド
神戸市、個人情報の不正操作で職員処分 - 保険料増額の通知から発覚
アップデートしたシステムの不具合で会員情報が閲覧可能に - JBBF
ランサム被害で利用者や建物情報が流出か - 住宅性能評価センター
労務管理クラウドシステムでアクセス権の設定ミス - 個人情報が流出
案内メール誤送信で事業所担当者のメアド流出 - 協会けんぽ
学生の個人情報が閲覧可能に、フォームの設定ミスで - 近畿大
eモータースポーツ公式アカウントの乗っ取りで個人情報流出の可能性
応募QRコードから応募者の個人情報が閲覧可能に - アトレチコ鈴鹿
特別支援学校で生徒の個人情報含む動画を誤公開 - 埼玉県