Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も

マイクロソフトは、2021年最初となる月例セキュリティ更新プログラムを公開した。「クリティカル(Critical)」とされる10件を含む83件の脆弱性を修正している。一部は悪用も確認されており、注意が必要だ。

今回のアップデートでは、「Windows」や同社ブラウザ「Microsoft Edge」「Microsoft Malware Protection Engine」をはじめ、「Office」「Azure」「ASP .NET」「.NET Core」「.NET Repository」「SQL Server」「Microsoft Windows Codecs Library」「Visual Studio」などに明らかとなった脆弱性に対処した。

CVEベースで83件の脆弱性を修正しており、最大重要度を見ると、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性10件に対処。次に高い「重要(Important)」とされる脆弱性「73件」を解消している。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」におけるベーススコアを見ると、63件が「7.0」以上とレーティングされているが、「9.0」以上とされる脆弱性は含まれていない。

脆弱性によって影響は異なるが、24件についてはリモートよりコードを実行されるおそれがあるという。また権限昇格の脆弱性34件や情報漏洩の脆弱性11件のほか、サービス拒否、なりすまし、セキュリティ機能のバイパス、メモリ破損などの脆弱性を解消している。

(Security NEXT - 2021/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
Google、「Chrome 90.0.4430.93」をリリース - 9件のセキュリティ修正を実施
都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合
Apple、「iOS 14.5」をリリース - 脆弱性50件を修正
「Drupal」にXSS脆弱性、早急にアップデート実施を
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正