Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブセキュリティ製品に複数脆弱性 - トレンド

トレンドマイクロのセキュリティ製品「InterScan Web Securityシリーズ」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

同製品はウェブ経由の攻撃を遮断するセキュリティ製品。「同Virtual Appliance 6.5」および「同6.5 Linux版」の管理画面において4件の脆弱性が明らかとなった。悪用は確認されていない。

具体的には、バッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2020-28578」「CVE-2020-28579」や、OSコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2020-28580」「CVE-2020-28581」が判明したもの。脆弱性によって影響は異なるが、悪用された場合、リモートで任意のコードを実行されるおそれがある。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」においてもっともベーススコアが高い脆弱性は「CVE-2020-28578」で「7.3」。次いで高い「CVE-2020-28579」が「6.3」とレーティングされている。他脆弱性はいずれも「5.0」以下だった。

公表にあたっては、周知を目的に同社がJPCERTコーディネーションセンターへ報告した。同社では脆弱性を修正するホットフィクスを用意。アクセス制御といった緩和策についてもアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2021/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開