Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出

家庭向け写真管理アプリ「Famm」のサーバが不正アクセスを受け、ユーザーの一部登録情報が外部に流出したことがわかった。

同アプリを運営するTIMERSによれば、2020年12月18日に外部から指摘があり、調査を行ったところ、同年10月9日に不正アクセスを受け、外部に情報が流出していたことが同日判明したもの。

不正アクセスを受けた10月9日までに同アプリを利用した最大143万件のユーザーに影響があり、ユーザーによって対象となる項目は異なるが、メールアドレスやハッシュ化されたパスワードなど53万5015件をはじめ、氏名、アカウント名、生年月日、性別や都道府県および国などのコード、アイコン画像のURLといった登録情報が流出した可能性がある。

アプリより登録された住所や誕生日、アルバム機能で保存された画像や動画などのデータへの不正アクセスは確認されていないとしている。

同社では、発覚に先立ち10月11日にもクラウド事業者より不正アクセスの疑いについて警告を受け、11月16日には利用者からもセキュリティに関する問い合わせを受けていたという。当時2度にわたり調査を行っているが、不正アクセスは確認されたものの、情報を窃取された形跡は確認できなかったと釈明した。

(Security NEXT - 2021/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
複数アパレル通販サイトが不正アクセス被害 - 一部サイトの脆弱性から拡大
159サイトを運用するサーバに不正プログラム、CMSを侵害か - 山形大
2要素認証の除外アカウントに大量の不正ログイン - 熊本県立大