Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC製サーバの監視インタフェースに脆弱性 - 「IPMI over LAN」の利用停止を

NEC製の一部サーバ製品に「RMCP」による接続の認証に不備があることがわかった。「IPMI over LAN」を利用しないよう注意喚起が行われている。

「Baseboard Management Controller(BMC)」において、「Intelligent Platform Management Interface(IPMI)」へリモートよりアクセスする「RMCP(Remote Management Control Protocol)」の実装において認証不備の脆弱性「CVE-2020-5633」が明らかとなったもの。同脆弱性は「BMCファームウェアRev1.09」や以前のバージョンに存在し、「Express5800/T110j」「Express5800/T110j-S」「iStorage NS100Ti」が影響を受ける。

脆弱性を悪用することで不正にセッションが確立されるおそれがあり、リモートよりログインされて情報を窃取されたり、機器を不正に操作されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは「5.3」と評価されている。

同脆弱性は、NECが周知のために情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。「IPMI 2.0」に関しては、パスワードのハッシュを取得される脆弱性「CVE-2013-4786」も明らかになっていることから、「IPMI over LAN」の利用そのものを停止するよう注意喚起が行われている。

また緩和策としては、ファームウェアのアップデートを実施するとともに、BMCへのアクセス制御を実施するよう呼びかけられている。

(Security NEXT - 2021/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ