Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECプラットフォームズ製のIP-PBXサーバに深刻な脆弱性

音声通話やメッセージング、オンライン会議などの機能を提供するNECプラットフォームズ製の「UNIVERGE SV9500シリーズ」「UNIVERGE SV8500シリーズ」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

両製品の一部バージョンにおいて、主装置のウェブ管理コンソールである「Telephony Server Maintenance Menu(TSMM)」に複数の脆弱性が含まれていることが明らかとなったもの。

具体的には、細工したURLを送信することで任意のコマンドを実行されるおそれがある「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2020-5685」や、認証アルゴリズムの実装に問題がある脆弱性「CVE-2020-5686」が含まれる。

脆弱性を悪用されると、任意のコマンドを実行されたり、サービス拒否や情報漏洩が生じるおそれがある。共通脆弱性評価システムである「CVSSv3」のベーススコアは、「CVE-2020-5685」が「9.6」、「CVE-2020-5686」が「7.6」とレーティングされている。

両脆弱性については、同社が周知を目的に情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、公表にあたってはJPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

これら脆弱性の判明を受け、同社では利用者に対して管理コンソールへのアクセス制御といった対策の実施を呼びかけるとともに、対象製品の確認や対応について販売店へ問い合わせるよう求めている。JVNを通じてもアップデートや緩和策の実施が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2021/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性