Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECプラットフォームズ製のIP-PBXサーバに深刻な脆弱性

音声通話やメッセージング、オンライン会議などの機能を提供するNECプラットフォームズ製の「UNIVERGE SV9500シリーズ」「UNIVERGE SV8500シリーズ」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

両製品の一部バージョンにおいて、主装置のウェブ管理コンソールである「Telephony Server Maintenance Menu(TSMM)」に複数の脆弱性が含まれていることが明らかとなったもの。

具体的には、細工したURLを送信することで任意のコマンドを実行されるおそれがある「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2020-5685」や、認証アルゴリズムの実装に問題がある脆弱性「CVE-2020-5686」が含まれる。

脆弱性を悪用されると、任意のコマンドを実行されたり、サービス拒否や情報漏洩が生じるおそれがある。共通脆弱性評価システムである「CVSSv3」のベーススコアは、「CVE-2020-5685」が「9.6」、「CVE-2020-5686」が「7.6」とレーティングされている。

両脆弱性については、同社が周知を目的に情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、公表にあたってはJPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

これら脆弱性の判明を受け、同社では利用者に対して管理コンソールへのアクセス制御といった対策の実施を呼びかけるとともに、対象製品の確認や対応について販売店へ問い合わせるよう求めている。JVNを通じてもアップデートや緩和策の実施が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2021/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース