Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市

横浜市は、障害福祉サービス事業所より借りた書類の紛失や同事務所へ誤って個人情報含む書類が誤ってわたすミスがあったことを明らかにした。

同市によれば、2019年8月と9月に、障害福祉サービス事業所から過年度のサービス提供記録に関する書類を借用。2020年4月にこれら書類を事業所へ返却したが、その際に同市が保有する無関係の書類が混入するミスが発生した。書類には、他事業所の利用者2人に関する氏名が記載されていた。

さらに借用した書類の一部を紛失していることが9月に判明。利用者8人、職員10人に関する氏名や姓が記載されていた。同市では、個人情報の漏洩や紛失の対象者に、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
個人情報含む高齢者名簿が所在不明に - 北九州市
他自治体からの照会文書が所在不明に - 大阪市
県立校で裏紙利用した計算用紙に答案用紙が混入 - 佐賀県
イベントで参加者の手荷物紛失、なかに戸籍謄本 - 野田市
マイナンバー含む給与支払報告書を誤送付 - 横浜市
個人情報開示時に他患者情報が混入 - 三重県の医療センター
宿泊療養予定者リストが退所者の交付書類に混入 - 北海道
聖火リレーボランティアの個人情報を配送ミス - 台東区
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市