Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市

横浜市は、障害福祉サービス事業所より借りた書類の紛失や同事務所へ誤って個人情報含む書類が誤ってわたすミスがあったことを明らかにした。

同市によれば、2019年8月と9月に、障害福祉サービス事業所から過年度のサービス提供記録に関する書類を借用。2020年4月にこれら書類を事業所へ返却したが、その際に同市が保有する無関係の書類が混入するミスが発生した。書類には、他事業所の利用者2人に関する氏名が記載されていた。

さらに借用した書類の一部を紛失していることが9月に判明。利用者8人、職員10人に関する氏名や姓が記載されていた。同市では、個人情報の漏洩や紛失の対象者に、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宿泊療養予定者リストが退所者の交付書類に混入 - 北海道
聖火リレーボランティアの個人情報を配送ミス - 台東区
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
新型コロナ患者情報を無関係パンフに誤添付 - 福岡市保健所
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
中学校で模範解答裏面にいじめ関係者の個人情報 - 仙台市
アポ取得の委託先が顧客情報を誤って他社へ報告 - 宮崎のCATV局