Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院

大阪市にある北野病院は、血液検査の結果が保存されたUSBメモリが、委託先である大阪血清微生物研究所において所在不明になっていることを明らかにした。

同院によれば、11月18日に、血液検査「蛋白分画」の分析を委託している大阪血清微生物研究所へ受け渡したUSBメモリが所在不明になっているもの。

同USBメモリには、11月9日から同月11日まで同院で行った血液検査結果のうち、純蛋白の検査データ1717件が保存されていた。患者の実数は1526人で、患者のカタカナ氏名、患者ID、依頼元の診療科、依頼医師、検査値などが含まれる。パスワードの設定やファイルの暗号化といった対策は実施していなかった。

今回の問題を受け、同院では個人情報保護委員会と大阪市保健所へ紛失を届けた。またパスワードの設定に対応したUSBメモリに切り替えたほか、検査そのものも委託先で測定する運用へ切り替え、検査値の受け渡しについて廃止した。

(Security NEXT - 2020/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含む私物USBメモリが医局で所在不明に - 鹿児島大学病院
児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県