Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も

北海道銀行は、同行を装ってオンラインバンキングのIDとパスワードを詐取するフィッシング詐欺が発生しているとして、注意喚起を行った。

同行を装ったショートメッセージサービス(SMS)やメールで偽サイトへ誘導し、オンラインバンキングのIDとパスワードを詐取するフィッシング詐欺が確認されたもの。

同行によると、12月21日の時点で4人が金銭被害に遭い、あわせて約195万円の被害が発生している可能性があるという。

同行では、SMSやメールでIDやパスワードを入力させることはないと説明。SMSやメールに記載されているURLをクリックしたり、誘導先のサイトで口座番号や暗証番号、ID、パスワードの入力を行わない、電話をかけるように誘導されても電話しないなど、慎重な対応を求めている。

(Security NEXT - 2020/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を