Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米連邦政府機関に「SolarWinds Orion」製品の遮断命令

SolarWinds製のIT管理製品がサイバー攻撃の対象となっていることが判明したことを受け、米国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)は、連邦政府機関に対して製品の遮断を求める緊急指令を発行した。

国家が関与すると見られるサイバー攻撃によって「SolarWinds Orion Platform」が侵害されていることが判明。現在利用可能な唯一の緩和策とし、デバイスの切断を緊急措置として実行するよう命令した。

同製品は、連邦政府ネットワークシステムのトラフィック監視に多く採用されており、侵害された場合は重大な影響をもたらすおそれがある。

SolarWindsでは、ホットフィクスを公開。追加のホットフィクスについても準備を進めている。しかし、CISAではこうした対応に理解を示しつつも、製品を再度インストールし、パッチを適用するには、CISAからのガイダンスを待つよう連邦政府機関に命じた。

対応にあたっては、システムやメモリのフォレンジックデータを作成し、アカウントや同製品を接続するDNSなどシステムに危殆化の兆候がないか調査を行うよう求めている。

(Security NEXT - 2020/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
LINE、中国におけるコミュニケーション関連の開発運用を中止
「Exchange Server」攻撃で悪用された「China Chopper」の解析情報
「サイバー防衛シンポ熱海2020」が開催 - チケット販売まもなく終了
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
「Emotet」で10億円以上荒稼ぎか - インフラ維持に5000万円
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA