Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SolarWindsのIT管理製品がAPT攻撃の標的に - 巧妙な隠蔽も

ネットワークやサーバなどITインフラの管理製品「SolarWinds Orion Platform」に対して、国家が関与したと見られるサイバー攻撃が展開されていることがわかった。SolarWindsはホットフィクスをリリースし、利用者へ対応を呼びかけている。

同社によれば、3月から6月にかけてリリースした「バージョン2019.4」「バージョン2020.2.1」を対象として攻撃が展開されていることが判明したもの。国家の支援を受けた攻撃である可能性があるとの見方を示している。

今回の攻撃について、FireEyeは、北米、ヨーロッパ、アジア、中東など侵入キャンペーンがグローバルの広範囲に展開されており、「UNC2452」として攻撃グループを追跡していると説明。

「UNC2452」には熟練した攻撃者が関与しており、政府や電気通信、テクノロジー、鉱業、コンサルティングなどの分野を攻撃対象としていた。2020年春ごろより攻撃が開始されたと見られ、現在も進行中だという。

同プラットフォームのソフトウェアアップデートを悪用するサプライチェーン攻撃で、SolarWindsの正規署名を含むプラグインをトロイの木馬化したマルウェア「SUNBURST」を展開。侵入後は、ラテラルムーブメントを行い、情報を窃取されるおそれがある。

同マルウェアは、同プラットフォームのプロトコルに偽装して通信を行い、探索結果などを合法的なプラグイン設定ファイルに保存することで検知を逃れようとしていた。

(Security NEXT - 2020/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
日本も攻撃対象、中国関与の攻撃活動を非難 - 外務報道官談話
登録セキスペ向け「特定講習」の受講受付を開始 - NICT
米政府、サイバー空間の「バッドプラクティス」をリスト化
2021年度春期の登録セキスペ試験、2306人が合格 - 合格率21.2%
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
脆弱性の連鎖、「Nagios」の集中管理環境全体が掌握されるおそれ
Bluetoothに複数の脆弱性、なりすましや中間者攻撃のおそれ
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定