Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール

サッポロビールは、新規に会員登録した顧客の個人情報が、一時別の顧客に閲覧できる状態が発生したことを明らかにした。

同社によれば、12月4日より「LINEポイント10ptがもれなく当たる!Wチャンスでお好きな商品が2ケース当たるキャンペーン!」を実施したところ、アクセスが集中し、同日19時から翌5日18時33分にかけて不具合が発生したもの。

キャンペーンへ応募するため新規会員登録した一部の顧客の個人情報が、同じく新規会員登録したほかの顧客より閲覧できる状態になった。一部顧客からの指摘を受けて問題が発覚した。

34人分の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、アンケート内容について、276人が閲覧できる状況だったという。

同社では不具合発生を受け、新規応募を中止してキャンペーンを終了。個人情報が流出した顧客や閲覧できる状態だった顧客に対し、電話やメールなどで説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
高校で学校説明会の申込者情報が閲覧可能に - 宮城県
都の電子申請システムで不具合 - 別人の教員選考受験票を表示
採用合格通知1件を誤って17人に送信、別人に送るミスも - Osaka Metro
離婚講座の申込者情報が本人以外から閲覧可能に、設定ミスで - 目黒区
「起業家育成事業」に申し込んだ中学生生徒の個人情報が閲覧可能に - 名古屋市
メール通知サービスで個人情報が閲覧できる脆弱性 - 第一生命
施設指定管理者、イベント案内メールをCC送信 - 三重県