Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会

日本学生相談学会は、学会参加申込フォームに不具合があり、入力された会員情報が、他会員から閲覧できる状態だったことを明らかにした。

同学会によれば、第39回大会公式サイトの参加申込フォームに問題があり、11月30日10時半過ぎから同日16時半ごろにかけて入力された会員の個人情報が他会員に閲覧されるおそれがあった。学会員2人から問い合わせがあり問題が判明した。

フォームの入力中にエラーが発生して途中で入力ができなくなり、終了する障害が発生。再度同フォームにアクセスすると、途中終了した以前の入力内容が表示される状態となっていた。

閲覧可能だったのは、氏名や連絡先住所、連絡先電話番号、メールアドレス、所属、会員番号など申込フォームの入力項目のうち、途中終了した時点で入力されていた項目。

個人情報が閲覧された人数の特定はできていないが、個人情報が閲覧可能な状態となった会員に対しては、メールで説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2020/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

説明会申込フォーム、他者情報が閲覧できる状態に - 大阪産業局
一部Facebook連携で別人より個人情報が閲覧可能に - アート販売サイト
観光支援のクーポン発行システムで個人情報が閲覧可能に - 栃木県
LINEギフトの誕生日公開、ヘルプ記載と異なる仕様
プレスリリースの誤送信でメアドが流出 - あいな里山公園
講座マッチングサービスで不具合、メアドを誤表示
個人情報含む議事録をサイトで誤公開 - ファンコミュニティ運営会社
「CC」送信でメアド流出、取消処理メールでも - 東京都
CC送信で競技団体登録団体のメアド流出 - 東京都障害者スポーツ協会
図書館利用団体のメアド流出で謝罪 - 千葉市