Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福島県立医大付属病院で2度のランサムウェア被害

福島県立医科大学付属病院は、2017年にランサムウェアに起因すると見られる障害が医療機器で発生し、画像検査において再撮影などを行っていたことを明らかにした。

厚生労働省からマルウェアの影響で過去に医療情報が消失したケースについて照会があり、調査したところ判明したもの。

同院によれば、2017年8月以降、マルウェアの感染に起因したと見られる検査装置の不具合が複数の部署で発生。インシデントレポートを確認したところ、マルウェアに関連すると見られるケースが11件あったという。

このうち2件については、「WannaCry」の亜種に感染したことに起因したと見られ、放射線撮影装置で不具合で生じ、放射線画像の再撮影を行っていた。

(Security NEXT - 2020/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
「SonicWall」の旧製品に差し迫るランサムウェアの危機
委託先に不正アクセス、個人情報800万件流出か - NTTぷらら
MSPも利用するIT管理ツールがゼロデイ攻撃の標的に - 日本でも検知
サーバや端末など25台でランサム被害 - 摂津金属工業
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
不正アクセスで一部個人情報が海外に流出 - 福祉用具レンタル会社
川崎汽船の海外子会社に不正アクセスか - 闇サイトにデータ
日本空港給油でランサム感染被害 - 航空機給油業務に影響なし
富士フイルム、情報流出なし - 業務や流通も通常どおりに