Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福島県立医大付属病院で2度のランサムウェア被害

福島県立医科大学付属病院は、2017年にランサムウェアに起因すると見られる障害が医療機器で発生し、画像検査において再撮影などを行っていたことを明らかにした。

厚生労働省からマルウェアの影響で過去に医療情報が消失したケースについて照会があり、調査したところ判明したもの。

同院によれば、2017年8月以降、マルウェアの感染に起因したと見られる検査装置の不具合が複数の部署で発生。インシデントレポートを確認したところ、マルウェアに関連すると見られるケースが11件あったという。

このうち2件については、「WannaCry」の亜種に感染したことに起因したと見られ、放射線撮影装置で不具合で生じ、放射線画像の再撮影を行っていた。

(Security NEXT - 2020/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か
グループ海外拠点でランサム被害、情報共有に時間要す - トヨタ紡織
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
ニチリン米子会社でランサム被害 - ウェブの閲覧障害も
電子カルテや院内システムがランサム被害 - 鳴門山上病院
ランサム攻撃でサーバ内のデータが暗号化 - 帰国子女向け教育サービス
FRONTEO米子会社、複数サーバがランサム被害 - メールシステム脆弱性を悪用か
QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
MSDTのゼロデイ脆弱性、悪用拡大中 - 「QBot」の拡散にも