Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を

ファイルの転送機能を提供するソリトンシステムズ製アプライアンス製品「FileZen」のファームウェアに脆弱性が明らかとなった。脆弱性の影響を受けない最新版へ早急に更新するよう注意が呼びかけられている。

「同4.2.2」および以前のバージョンに脆弱性が明らかとなったもの。脆弱性の詳しい内容は明らかにされていないが、2019年1月30日にリリースした「同4.2.3」以降は脆弱性を悪用した攻撃は成立しないと同社は説明。最新のファームウェアとなる「同5.0.0(ST82モデル)」や「同4.2.5(DX51モデル、ST81モデル)」を利用するよう求めた。

またこれら3モデルに関しては、同社と保守契約を締結していない場合もアップデート用のファームウェアを用意しているとし、同社の技術サポート窓口へ問い合わせるようアナウンスした。

脆弱性が判明したことを受けて、JPCERTコーディネーションセンターにおいてもアップデートを実施するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で