Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省

総務省は、事業者より非公開を条件に提供された情報を、同業の他事業者へ誤ってメールで送信するミスがあったことを公表した。

関東総合通信局において、11月24日にケーブルテレビ事業者55社へ業務連絡のメールを送信した際に、誤ってファイルを添付する事故が発生したもの。

問題のファイルには、ケーブルテレビ3社から公にしないことを条件に、任意で提供を受けた情報が記載されていたという。個人情報は含まれていない。

誤送信した職員が問題に気が付き、関係3社に対して謝罪。誤送信先となった55社に対しても謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を求めた。

(Security NEXT - 2020/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
アンケート調査回答の集計前データを誤って外部提供 - 公取委
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大