Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省

総務省は、事業者より非公開を条件に提供された情報を、同業の他事業者へ誤ってメールで送信するミスがあったことを公表した。

関東総合通信局において、11月24日にケーブルテレビ事業者55社へ業務連絡のメールを送信した際に、誤ってファイルを添付する事故が発生したもの。

問題のファイルには、ケーブルテレビ3社から公にしないことを条件に、任意で提供を受けた情報が記載されていたという。個人情報は含まれていない。

誤送信した職員が問題に気が付き、関係3社に対して謝罪。誤送信先となった55社に対しても謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を求めた。

(Security NEXT - 2020/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
結婚支援事業で会員個人情報を別人に誤送信 - 香川県
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
メルマガ本文に別人の個人情報を誤記載 - 名鉄観光バス
イベント応募者情報を誤送信、フォーム設定が未更新で - 東京都建設局
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
採用合格通知1件を誤って17人に送信、別人に送るミスも - Osaka Metro
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
印刷通販サイトの情報流出 - 外部調査であらたな対象者が判明
印刷通販サイトで顧客の個人情報が流出