Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性

トレンドマイクロのメール向けセキュリティ対策製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。パッチが提供されている。

動作するプラットフォームによって影響を受ける脆弱性は異なるが、同製品の管理コンソールにおいてあわせて6件の脆弱性が明らかとなったもの。

WindowsおよびLinux向けに提供されている「InterScan Messaging Security Suite」や「同Virtual Appliance」が影響を受ける。悪用は確認されていない。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」においてもっともベーススコアが高い脆弱性は、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2020-27016」。最大値「10」のところ、「7.5」とレーティングされている。

XML外部実体参照(XXE)の脆弱性「CVE-2020-27017」が「5.7」で続いた。他脆弱性はいずれも5未満となっている。

同脆弱性は、周知を目的にトレンドマイクロがJPCERTコーディネーションセンターへ報告したもので、同センターが調整を実施した。パッチが提供されているほか、緩和策がアナウンスされている。

CVE-2020-27016
CVE-2020-27017
CVE-2020-27018
CVE-2020-27019
CVE-2020-27693
CVE-2020-27694

(Security NEXT - 2020/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ