Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

健診情報含む個人情報の紛失事故2件を公表 - 大阪府

大阪府は、府内の保健所や高校において、個人情報が記載された書類の紛失が発生したことを明らかにした。

同府によれば、四條畷保健所において「結核健診個人票」のほか、「健診依頼文書」や「大阪府保健所結核委託健診結果通知書」の写しが所在不明になっているという。

これら書類には、結核患者接触者1人の氏名や住所、電話番号、性別、生年月日、検査結果などが記載されていた。11月に健康診断を行うため準備した際に紛失が判明。誤って廃棄した可能性があるという。

また府立高校では生徒1人の健康診断票を紛失していることがわかった。氏名、性別、学年とクラス、1年次および2年次の歯科検診結果などが記載されている。9月30日に歯科健診を行う際に見当たらないことに気がついた。

同府では紛失の判明を受け、それぞれの関係者に対して経緯の説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市
県立高校で生徒の個人情報を誤送信 - 佐賀
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
被保険者情報を無関係の自治体へ誤送信 - 北海道国民健康保険団体連合会
がん診療拠点病院担当者向けのメールで誤送信 - 大阪府
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
被爆者宛の健診案内で誤送付 - 同姓で住所を取り違え
職員が人事情報に不正アクセス、職務情報よりPW推測 - 宜野湾市
マッチングアプリ「Omiai」の会員情報171万件が流出した可能性