Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

健診情報含む個人情報の紛失事故2件を公表 - 大阪府

大阪府は、府内の保健所や高校において、個人情報が記載された書類の紛失が発生したことを明らかにした。

同府によれば、四條畷保健所において「結核健診個人票」のほか、「健診依頼文書」や「大阪府保健所結核委託健診結果通知書」の写しが所在不明になっているという。

これら書類には、結核患者接触者1人の氏名や住所、電話番号、性別、生年月日、検査結果などが記載されていた。11月に健康診断を行うため準備した際に紛失が判明。誤って廃棄した可能性があるという。

また府立高校では生徒1人の健康診断票を紛失していることがわかった。氏名、性別、学年とクラス、1年次および2年次の歯科検診結果などが記載されている。9月30日に歯科健診を行う際に見当たらないことに気がついた。

同府では紛失の判明を受け、それぞれの関係者に対して経緯の説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
市内3校で健康診断票が所在不明、引継時に紛失か - 尼崎市
難病研究用データに個人情報、ファイルから削除し忘れ - 厚労省
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
福祉センターで生活保護受給者の個人情報を誤送付 - 栃木県
小学校で健康診断記録を別の児童に配布 - 大阪市
マイナンバー含む書類を異なる事業所へ誤送付 - 土健保
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
個人情報含む廃棄文書が運搬中に飛散、回収 - 京丹後市