Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意

還付金があるなどとだまし、国税庁の偽サイトで個人情報をだまし取るフィッシング攻撃が確認された。還付金に1円以下の端数が含まれていたり、クレジットカードを聞き出すなど、不自然な点が目立つ。

フィッシング対策協議会によれば、問題のメールは「税ポータル」などと名乗り、「15421.07円」の税金還付を受ける権利があるなどと説明。

誘導先のフィッシングサイトでは国税庁を装い、氏名や住所、生年月日、電話番号、住所、郵便番号のほか、クレジットカード番号や有効期限、セキュリティコードなどを送信させようとしていた。さらにSMSの確認コードについても入力を求める。

メールに記載された還付金額に端数があるほか、誘導先の入力フォームでは、姓の項目がファーストネームとなっていたり、住所のあとに「市」といった項目があるなど作りは雑で、日本の実情に疎い攻撃者が作成したものと見られる。

11月20日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けて同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生
「JR西日本」装うフィッシングの報告が増加 - JR東日本「えきねっと」告知文を悪用
「PayPay銀行」を装うフィッシング - 「個人情報の有効期限切れ」などとだます手口
「Amazonプライムデー」に便乗、フィッシング攻撃増加 - 関連ドメイン取得の動きも
「セゾンNetアンサー」を装うフィッシング攻撃の報告が増加
書き溜めたメモが消える!? - 「自動退会処理」とだます「Evernote」のフィッシングに注意
「さくらのクラウド」利用者狙ったフィッシングに注意 - 電話認証なども詐取
ヤマト運輸を装うメールやなりすましサイトに注意を
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応