Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区

東京都墨田区は、乳がん検診の受診票を宛名とは別人に送付するミスがあったことを明らかにした。

同区によれば、11月5日に受診票の封入や発送を行っている東京都予防医学協会が、同区の乳がん検診の対象者40人へ検診の案内を送付したが、その際に別人の受診票を送付するミスが発生したという。

13件において他人の氏名や生年月日、過去の乳がん検診の記録などが記載された受診票が同封されていた。

発送翌日となる6日に、別人の受診票が届いたと連絡があり、問題が判明。一部未配達となっていたため、郵便局に郵便の差し止めを依頼し、9日に差し止めた郵便物を確認したところ別人の受診票が同封されていることを確認した。

同様の問い合わせも複数寄せられたことから、全対象者の受診票を回収。13件の誤送付が判明した。同区では誤送付の対象者に対し、経緯を説明して謝罪。東京都予防医学協会に対し、個人情報の管理徹底を求めた。

(Security NEXT - 2020/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む国民健康保険の申請書を誤送付 - 郡山市
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
都営住宅居住者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
PCR検査申込書の送信先記載にミス、ファックス誤送信が発生 - 群馬県
感染症患者情報をファックスで誤送信 - 大阪府
異なる認定こども園へ書類を誤送付 - 大阪府