Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害

同社では、今回の問題を受けて「APIトークン」について強制的に無効化。利用者へ再発行の手続きを求めている。ドメイン管理については、11月14日1時半過ぎに復旧作業を完了したという。

また仮想通貨の不正流出を予防する措置として、11月13日21時半ごろより、暗号資産(仮想通貨)の入出金を停止していたが、15日14時ごろから順次復旧を進めていると説明。安全確認のため、処理に時間がかかる場合もあるとしている。

(Security NEXT - 2020/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
資格情報サイトの顧客DBにランサム攻撃 - 情報流出の可能性
マーケ支援サービスのクラウド認証キーが盗難被害 - 不正サーバ構築、顧客データも
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス
Amebaの約5万アカウントで不正ログイン - 8日間で試行回数は223万回超
「Mobage」で最大10万件超の不正ログイン - パスワードリスト攻撃か