Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

資格情報サイトの顧客DBにランサム攻撃 - 情報流出の可能性

サイトビジットが運営するオウンドメディア「資格スクエアマガジン」で利用するデータベースが不正アクセスを受け、顧客情報が流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、データベースが海外から不正アクセスを受けたもの。不正に書き換えられ、復旧するために仮想通貨を特定のアドレスに送信するよう要求するメッセージがのこされていた。

11月6日にデータベースへアクセスできない状態となっていることを検知。原因を調査したところ問題が判明。ポーランドや中国を発信元とするアクセスだったという。

同データベースには、2013年10月8日から2015年1月9日までに同社サービス「資格スクエア」に登録した顧客の個人情報が保管されており、今回の不正アクセスで流出した可能性がある。

(Security NEXT - 2019/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
小学校で児童の個人情報含む成績ファイルが所在不明 - 尾道市
再就職支援者の個人情報を企業に誤送信 - 東京しごとセンター
オークションへ出品した車両内に個人情報含む書類 - 日産ディーラー
自動車分野のセキュリティ技術を競うCTFイベント - 経産省