Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性

宮崎県西都市のウェブサイトが不正アクセスを受けたことがわかった。データを削除され、金銭を要求するメッセージが残されており、情報が窃取された可能性もあるという。

11月9日朝に同市ウェブサイトを閲覧できないことに職員が気づき、委託先が調査を行ったところ、同月7日6時ごろに不正アクセスを受けていたことが判明したもの。

同市ウェブサイトよりデータが削除され、データの復旧を交換条件として暗号資産であるBitcoinを支払うよう求める英文の脅迫文が残されていたという。

データについてはバックアップを行っていたため、ウェブサイトは復旧できたが、調査を行ったところ、同月11日にデータを窃取された可能性があることがわかった。

対象となるのは、2017年4月1日から2020年11月7日にかけて同サイトの問い合わせフォームを利用した個人793件および法人180件のデータ。氏名やメールアドレス、意見、要望のほか、任意で入力した住所や電話番号なども含まれる。

(Security NEXT - 2020/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社