Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性

宮崎県西都市のウェブサイトが不正アクセスを受けたことがわかった。データを削除され、金銭を要求するメッセージが残されており、情報が窃取された可能性もあるという。

11月9日朝に同市ウェブサイトを閲覧できないことに職員が気づき、委託先が調査を行ったところ、同月7日6時ごろに不正アクセスを受けていたことが判明したもの。

同市ウェブサイトよりデータが削除され、データの復旧を交換条件として暗号資産であるBitcoinを支払うよう求める英文の脅迫文が残されていたという。

データについてはバックアップを行っていたため、ウェブサイトは復旧できたが、調査を行ったところ、同月11日にデータを窃取された可能性があることがわかった。

対象となるのは、2017年4月1日から2020年11月7日にかけて同サイトの問い合わせフォームを利用した個人793件および法人180件のデータ。氏名やメールアドレス、意見、要望のほか、任意で入力した住所や電話番号なども含まれる。

(Security NEXT - 2020/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
デザイン婚姻届の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
問い合わせ管理システムに不正アクセス、個人情報最大10万件が流出か - 白崎コーポレーション
サイトよりクレカ情報流出、不正利用された可能性 - 打楽器専門店
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO