Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セシール通販サイトに33件のPWリスト攻撃 - アカウント1件がログイン許す

ディノス・セシールは、通信販売サイト「セシールオンラインショップ」がパスワードリスト攻撃を受け、なりすましによる不正ログイン1件が確認されたことを明らかにした。

同社によれば、同サイトにおいて、11月4日に利用者以外の第三者によるものと見られるログイン試行を検知したもの。

国内のIPアドレスより、メールアドレスとパスワードのリストを用いて33回の試行が行われた。そのうち1件のアカウントがログインを許し、氏名や生年月日、性別、メールアドレス、保有ポイントなどが不正に閲覧された可能性がある。

同社では、今回の不正ログインに用いられたメールアドレスとパスワードについて、外部で入手されたものとし、同社経由の流出を否定した。

同社では、不正アクセス元のIPアドレスからの通信を遮断。対象アカウントからのログインを停止し、対象となる顧客と連絡を取っている。また、使い回しを避けるなど、適切なパスワードを管理するよう利用者へ注意喚起を再度実施した。

(Security NEXT - 2020/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトに対する21回のPWリスト攻撃を検知 - セシール
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
ディノス通販サイトに1605回のログイン試行 - 41件で不正ログイン
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン
LINEにPWリスト攻撃 - 2段階認証未適用の問合フォームが標的に
PWリスト攻撃が約10万回、約1500件が実在し半数超でログイン許す - ヌーラボ
動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も