Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Mozilla VPN」に脆弱性 - アップデートがリリース

Mozilla Foundationは、インターネットまでの経路を暗号化し、アクセス元を秘匿するサービス「Mozilla VPN」において脆弱性が明らかとなったとして、アップデートをリリースした。

「OAuth」におけるセッション固定の脆弱性「CVE-2020-15679」が明らかとなったもの。細工したログインURLよりアクセスさせることで、なりすましが行われるおそれがある。

ただし、悪用には同じIPアドレスからアクセスする必要があり、脆弱性の重要度は4段階中、上から3番目にあたる「中(Moderate)」とレーティングされている。

脆弱性の判明を受け、サーバ側における緩和策の実施にくわえて、クライアント側においても脆弱性への対策を実施。アップデートとして「Mozilla VPN Windows 1.2.2」「同Android 1.1.0」「同iOS 1.0.7」をリリースした。

「Mozilla VPN」は、7月よりサービスを開始したVPNサービス。米国、カナダ、イギリス、シンガポール、マレーシア、ニュージーランドにて提供されており、今後サービス地域や対応プラットフォームの拡大を予定している。

(Security NEXT - 2020/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中