Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む国民健康保険の申請書を誤送付 - 郡山市

福島県郡山市は、個人情報が記載された国民健康保険の再申請書を、誤って異なる被保険者へ送付する事故があったことを明らかにした。

同市によれば、「国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けており、あらたに70歳を迎える被保険者に対し、自己負担限度額の適用が変わり、再申請が必要となるため、申請書を発送した際、異なる被保険者へ送付するミスがあったという。

同市より10月23日に申請書を発送したところ、同月26日、別人の個人情報が記載された申請書が入っていたと問い合わせがあり、問題が判明。対象者に確認したところ、送付した7人のうち、6人において申請書の入れ違えが判明した。

同市では対象者に説明と謝罪を行い、正しい申請書へ差し替えた。

(Security NEXT - 2020/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京都シルバーパス購入申込書を誤廃棄 - 小田急バス
東日本大震災の都内避難者向け広報誌で、宛名ミス - 東京都
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
セミナー参加者情報含む資料をメールに誤添付 - 佐賀県
委託先が名簿を不正にクラウド共有、メール誤送信で発覚 - 厚労省
介護保険料納入通知書を誤送付、委託先が封入ミス - 笠間市
7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
大阪市の子宮頸がんワクチン案内約1.9万件で宛名ミス - データ操作ミスで
聖火リレーボランティアの個人情報を配送ミス - 台東区