Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む国民健康保険の申請書を誤送付 - 郡山市

福島県郡山市は、個人情報が記載された国民健康保険の再申請書を、誤って異なる被保険者へ送付する事故があったことを明らかにした。

同市によれば、「国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けており、あらたに70歳を迎える被保険者に対し、自己負担限度額の適用が変わり、再申請が必要となるため、申請書を発送した際、異なる被保険者へ送付するミスがあったという。

同市より10月23日に申請書を発送したところ、同月26日、別人の個人情報が記載された申請書が入っていたと問い合わせがあり、問題が判明。対象者に確認したところ、送付した7人のうち、6人において申請書の入れ違えが判明した。

同市では対象者に説明と謝罪を行い、正しい申請書へ差し替えた。

(Security NEXT - 2020/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
不用品回収業者土地に個人情報、元請5社を指名停止 - 福岡市
傍聴登録者へのメールで誤送信 - 総務省
ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
授業料納入通知書を誤送付、送付先データの作成ミスで - 高知県立大
生活保護関係書類で誤印字、別世帯の個人情報 - 神戸市
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市