Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WebLogic Server」に定例外アップデート - 悪用発生脆弱性と関連、早急に対応を

Oracleは、「WebLogic Server」にあらたな脆弱性が判明したとしてセキュリティアップデートをリリースした。早急に対処するよう利用者へ求めている。

同社では、四半期に1度の定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を10月20日に公開したばかりだが、あらたな脆弱性「CVE-2020-14750」が判明したとして、定例外のセキュリティアップデートをリリースしたもの。

同脆弱性を悪用されると、認証を必要とせずにリモートよりコードを実行されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」におけるベーススコアは「9.8」とレーティングされている。

同脆弱性は、先の「CPU」で修正され、すでに悪用が確認されている「CVE-2020-14882」と関連しており、20の外部組織より報告が寄せられたという。「CVE-2020-14882」と同様に「同14.1.1.0.0」「同12.2.1.4.0」「同12.2.1.3.0」「同12.1.3.0.0」「同10.3.6.0.0」が影響を受ける。

同社は、これら脆弱性が与える影響は大きく、エクスプロイトコードなども公開されていることから、早急にアップデートを実施するよう推奨。10月に公開された「CPU」を適用した上で、今回のアップデートを適用するよう利用者へ求めている。

(Security NEXT - 2020/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開