Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google、「Chrome 86.0.4240.183」を公開 - 10件のセキュリティ修正

Googleは、「Windows」や「macOS」「Linux」向けにブラウザの最新版「Chrome 86.0.4240.183」をリリースした。

今回のアップデートでは、セキュリティに関する10件の修正を実施。CVEベースで7件の脆弱性に対処したことを明らかにしている。いずれも重要度は4段階中、上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングされている。

具体的には、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2020-16004」や不十分なポリシーの強制「CVE-2020-16005」をはじめ、JavaScriptエンジン「V8」の不適切な実装「CVE-2020-16006」や、ヒープベースのバッファーオーバーフロー「CVE-2020-16011」などに対応した。

同社は、今後数日から数週間をかけてアップデートを展開していく予定。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-16004
CVE-2020-16005
CVE-2020-16006
CVE-2020-16007
CVE-2020-16008
CVE-2020-16009
CVE-2020-16011

お詫びと訂正:本記事初出時の記載において、CVEベースの脆弱性件数に誤りがありました。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2020/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ